軽自動車 ドン

わたしの思い出の軽自動車

わたしの思い出の軽自動車は「ホンダのライフ」です。まだ免許を取ったばかりの頃に、父親がわたしのためにと買ってきてくれました。当時はまだ若かったので、なんでこんな普通の軽自動車なんだろう、もっと大きくて個性的な車が良かったと思っていました。しかし、それから社会人になり、結婚して、子どもを持つようになると、父親の選択が正しかったことを知りました。特に、軽自動車ならではの、こまわりのよさは最高です。仕事柄、個人のお宅を訪問することも多いのですが、細い路地やかなり駐車しにくいスペースでも、たいていスムーズにいけます。また、女性が運転席に座っても、フロントガラスが広いため、かなり広い視野を確保できるような気がします。ドアも大きいので、ベビーカーを乗せたり降ろしたりする時に、ぶつけたり不自由な思いをすることもありません。このように、大きく変化する女性のライフスタイルに柔軟に対応できているライフは、やはり良い車だなと思います。父が選んで買ってきてくれてから10年たちましたが、こまめにオイル交換をしているせいか、まだまだ問題なく乗れそうです。だから、これからも父に感謝して、大切に乗っていこうと思います。