軽自動車 ドン

ストーカーおじいさんの大作です

"日産デイズに乗っています。乗り心地も最高です。快適です。都市部に住んでいるので、どうしても小型車のほうが小回りが利いて乗りやすいのです。以前はそれよりも大きい車を使っていましたが、お隣の近所でも有名なストーカーおじいさんが、うちの車が5センチと力はみ出しているというので、軽自動車がほしくて買ったものです。都市部ではちゅしゃスペースの問題があります。だから、小型車が便利ということがあります。大きい車は無駄になります。
近所もうるさいです。
そのお隣のおじいさんは、私が車を出すと、家から飛び出してきます。お隣の奥様は認知症が入っているのではないかといいますが、それでも気持ち悪いです。いつも敷地いっぱいに違法建築された家のサッシを開けて、後姿を見せながら脅かしています。車に近づいてくるので気持ちが悪く、防犯カメラも付けました。それでも少し大きい車だと、一度歩道に出て運転席に入らないといけないので、怖かったのです。そこで、後ろから回り込める軽自動車を買いました。ありがたいです。歩道に出ないで、家の敷地内で運転席には入れるのです。おじいさんも、車にはいってしまえば関係ありません。こんな使い方もあるのです。"

軽自動車に関する私の思い

私にとって一番似合ってある自動車、若しくは思い入れのある自動車と言えばそれはやはり軽自動車になっています。私が自動車免許を取得して始めて所持した自動車が軽自動車になります。免許を取得してから長らく自動車を運転していなかったためとても安い中古車の軽自動車を選んだ次第でした。とても安い軽自動車でしたのであまり綺麗な自動車ではなくまた何かと手のかかる自動車でもありました。しかしだからこそ愛着の残った自動車でもあります。例えば山を登るのは辛い軽自動車であり、山の中腹までたどり着いたかと思えばそこでしばらく軽自動車をお休みさせたりして、また登り始めるなどしたものです。若しくは途中下山をしたこともありました。今となっては楽しかった良い思い出になっています。また軽自動車は小回りの効く自動車という点が自分にとって似合っている自動車でもあったと思っています。車体の大きな自動車は乗り心地が良いかもしれませんが、あまりそういったことを重要視しない私にとっては運転し易く、また目的地に早く着くことが出来る軽自動車の方が良かったかもしれないと思っています。今は軽自動車を所持していませんが、また機会があれば軽自動車を選ぶことと思います。

ホンダのN-ONEについて

"ホンダのN-ONEに乗っています。近所のホンダカーズで、新車で購入しました。
モデルはプレミアムで、NAです。ステアリングは本革で、握った感覚がとても良いです。直進安定性も良いです。
乗り心地ですが、最近の軽自動車はすごいなと思い知らされます。確かに車幅は狭いですが、車高がある程度あり、頭の上も余裕があります。
アクセルを踏んだ感じですが、少し踏むと結構吹き上がります。少しスピードの上がり方が極端なのと、エンジン音も大きいです。ですが、軽自動車ということを考えると十分です。
あとは、アイドリングストップ機能があります。初めてアイドリングストップを経験しましたが、全く違和感なく運転できます。気に入らない場合はボタン一つでオフにできます。燃費は約17kmほどでしょうか。高速道路ならもう少し伸びそうです。
使用目的ですが、現状近くの職場までの往復くらいです。しかし、一度に数百kmでも走れそうなクオリティの高さは感じます。
軽自動車としてのクオリティの高さはおすすめできます。おすすめできない点とすれば、強いて言えば価格が高いことでしょうか。150万円を超える価格は軽自動車としては
どうなのかなというようには思います。"

乗り始めてからもう4年

"私が車を乗るようになってから早いものでもう4年です。
乗っている車は軽自動車で私の両親が新車で私にプレゼントしてくれました。
しかも乗りたい車を選ばせてくれてオプションなどもつけてくれました。
今って軽自動車の需要が増えているせいなのか中古でも結構な値段なのでもちろんそれなりの値段だったと思います。
そのため今でもとても大切に乗っています。カラーがブラックなので汚れるとすごく目立つので洗車は定期的にしています。
本当は手洗いがいいのかもしれませんが忙しいときは洗車機に頼ってしまいますがそれでもきれいなほうだと思います。
それに、軽自動車に乗って思ったのはやはり乗用車と比べると車体が小さいため小回りが利きますし、狭い駐車場などでもそこまで気にしないで駐車することができます。
ワゴンや乗用車に乗っている人を見ると近い駐車場に止めたくても狭いから諦めて遠いところに止めて歩いてくるという人を結構見ているのでやはり軽自動車は便利だなと実感しました。
さらに軽自動車は税金も安いため維持しやすいです。今の軽自動車は燃費もかなりいいためガソリンも頻繁に入れる必要がないのでガソリン代もそこまでかかりません。
こういった点も含めて思うのは軽自動車の需要が増えているのはこう言ったメリットがたくさんあるからなんだろうなと思います。
今はまだ乗り換える予定はありませんがもし新しく車を買うとしても私は軽自動車を選びます!"

彼との思い出の軽自動車

わたしが軽自動車と聞いて思い出すのは、学生時代に交際していた恋人が乗っていた軽自動車です。当時わたしは免許すら持っていなくて、自動車のことなんて全く分かりませんでした。しかし、それでも、彼が乗っている軽自動車がすごく可愛いということだけは分かっていました。彼が乗っていたのは、スズキのラパンでした。屋根とボディーの色が違うツートンカラーで、校舎の窓から見える位置にいつも駐車してあったので、その車を見ては彼を思い出して幸せな気分になっていました。ラパンは内装もとても凝っていておしゃれだったので、車の中でコーヒーを飲みながら何時間もおしゃべりしていても、まるでカフェにいるような感じがして、不思議とリラックスできました。そんな彼とも卒業してからは疎遠になり、自然消滅してしましました。しかし、今でも街中でラパンを見かけると、彼のことを思い出して切なくなります。また、新しくいいなと思える人ができた時には、必ずまず最初にどんな車に乗っているかチェックしてしまいます。そして、もし、ラパンに乗っていたら、その彼との関係は発展させません。だって、絶対に学生時代の彼と比べてしまいますから。それくらい、恋人の乗っている車というのは、女性のその後の人生に大きな影響を与えるのです。
自動車保険の相場表